201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

テレビの報道番組を見ていると司会者の後ろに生け花が見える
四季折々の花や木を使い、季節感を視聴者に届けようとしている
最近は 桜 を飾ったものが多い

テレビじゃなくても生け花の世界にも桜や梅の枝を使って
季節を表していることはよくある


京王プラザホテルには200本もの桜を使った
高さが5mもある大きな生け花が飾られているらしい

20170403080011f44.jpg

が。。。。

枝って切っちゃっていいのか?

食べられる植物以外はほとんど知らないが
自宅の庭や散歩の途中の土手に咲いた花を摘んできて
家の中に飾るのはわかる
花は切っても翌年にはまた生えてくると思う



木の枝はどうなんだろう
同じくらいの枝ぶりになるのに何年かかるのだろう

一体誰がどこでどんな気持ちで、桜や梅の枝を
ノコギリで切り落としているんだろう

華道家と呼ばれる人は
このあたりをどう考えているのか聞いてみたい気がする


昔は見世物小屋 と言うのがあったのはご存知だろうか?

デビット・リンチという変態監督が撮り
世の中にはヒューマンドラマだと言われていた
『エレファントマン 』という映画でも見世物小屋は描かれている

僕個人的にはデビットリンチが描きたいのは
ヒューマンドラマではなく猟奇性だと思っているけど
アカデミー賞にもノミネートされた

この映画の中で、エレファントマン と呼ばれた青年は
見世物小屋でその醜悪な外見を晒しながら生きていた
昔は外見が奇形であったり醜悪だったりすると
見世物小屋に売られるというのが定説だったけど
現在は反対で
外見が美しかったりセクシーだったりすると
見世物小屋(マスコミ)に売られる
が、彼女たちはそこ(マスコミ)が昔で言うところの
見世物小屋だとは気がついていない


京王プラザの桜とエレファントマンはあまり関係ないが
これらを見る人の何人が その経緯 その背景 を想うのだろう

尤もらしくすました顔で利口ぶる司会者と
無残に切り取られた桜の枝の関係に違和感を覚えて仕方ない


こんなこと言うと
オーストラリアの捕鯨反対のキチガイ団体や
緑豆(グリーンピース)という魑魅魍魎の団体と同じか?

あるいは毛皮反対運動をやってる人や
四つ足は食べないという頑なな思想の人と同じか?

ちなみに肉を食べない人には
『ベジタリアン』と 『ノンミートイーター』の
2種類があるの知ってる?

ベジタリアンは読んで字のごとく
野菜しか食わない、言い換えると 超偏食児童

対してノンミートイーターはいい加減と言うかアバウトで

とんこつラーメンは食うが、
上に乗っかってるチャーシューは残す


と言う

きつねうどんを注文して揚げだけを僕にくれる

こんな良い奴のことです
※ これは僕の保育園からの親友の岩崎正徳くんがそうです


また文章がまとまらなくなったけど
花見に行ってあまり飲み過ぎないようにね




  お帰りになる前に
 ....  ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます




201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg.

金正夫さんを素直に「キン マサオ」と読んでいたら

その人だあれ?

妻が尋ねた


巷を騒がせているあのニュース
色々な謎や疑問が錯綜する中

北朝鮮大使館の公用車に
ジャガーを使うのはやめてほしい

20170303050409de7.jpg

これだけは切に思う
なんだったら僕がメルセデス(の中古)をプレゼントしてもいい
だから 黒猫 に乗るのはやめてほしい
てか、何が何だか分かってないんだろうね


僕が生まれて初めて買った車は
モーリスミニクーパーマークII だったという事は
何度か書いている

201608011002112a1.jpeg

ミニが好きだったのではなく
20代前半の若造が自力で買える車と言ったら
"チャンガラ"とからかわれたボロボロの軽か
超マイナーな外車の中古しか選択肢が限られていた

当時のミニはその超マイナーな外車で
ホンダの軽、N360とよく間違えられて

軽なのになぜ普通のナンバープレートなのか

と僕の自尊心を粉々にする質問をする人も多かった

けど、これはこれで名車だったホンダN360
201703030504112ae.jpg
今見るとミニと言うよりもモーリス1300GTに似てる


ミニのおかげで車との付き合い方は学んだが
金がなかった上にミニはよく壊れてくれたから苦労した

服は親の庇護を受けて裕福だった頃、思いっきり
買い漁っていたからクローゼットからはみ出るくらい
シャツやジャケットを持っていた
それらを取っ替え引っ替え着ていれば
辛うじて 貧乏臭さ からは逃れられていたけど

実際には夏はコットンパンツにボタンダウン
冬はそれにセーターとバラクーダのブルゾンが加わるだけ
ヨット焼けで真っ黒けの顔にオイルまみれの手。。。
超シンプルでリーズナブルな生活だったな


その頃から徐々に英国車に傾倒して行った

ミニクーパーからMGに乗り換えた頃に思った

30代でジャガーに乗ろう
そして40代でロールスロイスに乗って
50代になったらベントレーに乗る
60代でアストンマーチン


ポケットの中のチャリ銭をいじりながら
そんな夢のような事を真面目に思っているIVY小僧だった

果たして

苔の一念ナントやらで
自分で始めた事業でなんとか人並みに食えるようになり
30代でジョンロブのストレートチップと、
ウエストミンスターブルーのデイムラー(ジャガーの高級版)を買った
※ 以下、新車は一台のみであとは全てバリバリの中古😭


計画通り40代でロールスロイスも買ったが
芸能人が乗るような仰々しいモデルじゃない
1968年製の シルヴァーシャドウ という"普通の"車で
英国に行って知り合いから直接買って日本に運んで来た

20160917113709899.jpeg


その後、ロールスやベントレーのブローカーをやっている
茨城の農家のドラ息子と知り合いベントレーを買った

彼が持って来たのは

グリーンメタリックの外装にタンのインテリアの
ベントレーエイト

201703030504085a8.jpg

おおー、ペニンシュラじゃん🏨

思わず叫んだ

エイトは会社に置いて主に仕事で使った
ベントレーで営業に乗り付けると
大抵話しを聞いてくれて契約に繋がることが多かった

普段はジャガーのクーペを足にしていたけど
ベントレーやロールスには居住まいを正したい気分の時に乗った

ベントレーやロールスは
僕が思う英国紳士のイメージにぴったり合っている

仕立ての良いスーツを着て
凛と姿勢を正し、まっすぐ前を向いて悠然と歩く

そんな感じがロールスとベントレーにはある


僕の美人秘書の理香ちゃんにして

ルイヴィトンのお店の香りがしますぅ💕

と言わしめた革の香り漂うコノリーハイドの
最高級のレザーで仕立てられたシートに背筋を伸ばして座る

頭一つ抜きん出たポジションから
信号待ちで並んだメルセデスやキャディラックなどの
"普通の車"を
キミたち調子はどうかね😏
と見下すのは大変気分が良いのです


10月の僕の誕生日
愛する奥さんが二人乗りのジャガードロップヘッドを
15年ぶりに買い戻して僕に最高の玩具を与えてくれた

2017020410014775e.jpg


今日、愛する奥さんの誕生日

2017030304512376a.jpg

僕はピンクの3種類の薔薇を贈って
奥さんのマーチをジャガーに変えた

20170303045121deb.jpg


まぁま、誕生日おめでとう🎉

今夜のバースデイディナーは

内幸町のレセゾンでもなく

恵比寿のロブションでもなく

調布の薬屋の2階にある大衆焼肉

20170303045122ee3.jpg

あみやき亭じゃい🐮

どうよ😆

。。。。地味




  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます





.

小学校の2~3年生だった僕は学校からの帰り
電車を待ちながら少年サンデーを読んでいた

今のように巻頭はグラビア(写真)ではなく
昔の映画のポスターのような真に迫った絵があった

その巻頭の絵には
薄暗い雲が広がる荒れた海の真ん中に
小さなヨットが浮いていて、そのすぐ近くで
巨大なサメが口を開けてジャンプしている姿が描かれていた

薄暗い空とブルーブラックのインクのような海
そこにグレーのサメが赤い口を開けてジャンプする絵は
子供の僕にとってはとてもオドロオドロシイ物だった

それが僕がヨットを見た初めての体験だったのかもしれない


1962年、22歳の青年が兵庫県西宮のヨットハーバーを
2人の友人に見送られて出港した

青年が乗るのは5.8mの小さなヨット
姫路の奥村ボートという小さな造船所で作られた
キングフィッシャー型の小型クルーザー

5.8mと言えば、アナタ
うちのオプティマよか1m少々長いだけなんですよ
それに米や水、食料の缶詰をありったけ積み込んで
行き先はサンフランシスコ

青年はパスポートを持っておらず
いわゆる密出国をしようとしていた

そして92日後
青年が乗ったマーメイド号はサンフランシスコの
ゴールデンゲートブリッジをくぐる

人類初の(人類って。。。当たり前か)
単独無寄港太平洋横断だった

青年の名前は 堀江謙一

堀江青年はパスポートを持っておらず
密入国者として扱われ。。。。るどころか
サンフランシスコの名誉市民になっちゃった

僕が少年サンデーで読んだのは
堀江さんがヨットで太平洋を渡った記事(イラスト)だった

それから僕はヨットにハマった


僕が行った中学校には海洋少年団が部活としてあったから
そこに入った
カッターを漕ぐ毎日
手旗信号やロープワーク(除:亀甲縛り)を覚えた
1年で全国3位、2年で2位、そして3年生
キャプテンとして参加した広島大会で香川県の今治のチームに
15cmの差で敗れて2位
全員で泣いた

あれから今治が好きではなくなり
今治タオルは貰っても使わない

中学生の時
中学の斜め前のボート屋(マリンショップ)に飾ってあった
発泡スチロールで出来た公園の貸しボートを
ふた周りくらい小さくしたヨットを買った

38000円のプライスがついていたけど
長い間ショウルームに置かれていて売れ残りだったから
実際にはもっともっと安く、半額くらいにしてくれたように思う

けど、当時の初任給が3万円くらいだったから
ガキにしてみると結構な買い物だったと思う

僕の家には従業員が大勢いたから
それを地元の漁港まで運んでもらい浮かべた
嬉しかった
が、陸で見る大きさと浮かべた時の大きさの違いに愕然とした
船って陸に上げると大きく見えるけど浮かべると小さいんだよね

うちに出入りしていた魚源という魚屋の
こうちゃんと言うお兄さんがヨット部の出身だと聞いて
こうちゃんにヨットをレクチャーしてもらった

それで港の中だけで乗っていた
理由は船が小さすぎて外海に出るのが怖かったから。。。。

中学の卒業式文集で

20160725093125e8f.jpeg

僕はヨットで太平洋を渡る

と宣言した

20160725093128b1c.jpeg


堀江さんや鹿島郁男さんが太平洋を横に渡ったけど
僕はチリのバルパライソから大畠(僕の地元)までの
太平洋の斜断を夢見ていた


高校は堀江さんの出身校、関大一高へ行きたかったが
親からの反対を受けて挫折

でもヨット部のある高校へ行き、躊躇なくヨット部に入った

進学校だったけど夏の補習なんか一切参加しないで
ヨットにばかり乗っていたら
陸に担任が迎えに来ていて、停学になった

ヨットで停学になったのは後にも先にも僕だけだと思う

国体に出てインターハイにも行った
山口県の光市に聖光高校という学校がある
ここの奴らには本当にコテンパンにやられた

大学でもヨット部に入った

中学から高校と、海の上ばかりにいたから
今度こそ青春を謳歌するため
女の子だらけのテニスやスキーの思いっきりナンパなサークルに入って
女の子と可笑しく楽しく友好関係を深め、やがては。。。ウフ💖

そんなハッピーで淫靡な不純異性交遊を夢見ていた矢先
突然、高校の時の先輩が現れてヨット部に連れて行かれ
翌日には腕立て伏せと腹筋と足上げをさせられていた😭

大学を出てからも小さい船は持ち続け
長じて初めてクルーザーを買った

20160725093127e5a.jpeg

仲間とレースに出たり伊豆の島々を回った
遠くは八丈まで行ったがバルパライソからは帰っていない。。あはは


そして今

妻と2人、今度は海のクルージングではなく
小さなオプティマで陸のクルージングを始めた
来週、風が良ければ戸隠まで蕎麦を食いに行く予定

長々な文章、ごめんなちゃい





  お帰りになる前に
   ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます