.

こんにちは!
スキッパー妻まぁまです

はっきりしないお天気が続きますが
皆さまお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
そろそろ夏の疲れが出るころですので
いつもより少しだけ長くバスタブに浸かったり
少しだけ早めにベッドに横になったり自己防衛なさって
お身体をご自愛下さいね


そういえば 前の記事で夫が
「 箱庭料理 」 と称した玉屋さんのお料理・・・

20160930090329223.jpg


そうは言っても
木の葉に切った南瓜や瓢箪型の出し巻き玉子
目の前に出されたお料理を楽しみながら頂きましたし
私はそんな京都のお料理が大好きなのですよ

更に言うと
もし、お知り合いのどなたかに

伏見稲荷に観光に行くから
お勧めの京料理屋さん知っていたら教えて!

そんな風に尋ねられたら
伏見稲荷大社の大鳥居の目と鼻の先にあって
目をつむっても辿りつける「玉屋さん」を勧めちゃいそうよね
なんて 夫と話したりもしています ウフフ


そして
今回の旅行のハイライト
朱色の鳥居が有名な 伏見稲荷大社 のお参りです

20160930090327da8.jpg


伏見稲荷大社は
全国に3万社もあるお稲荷さんの総本宮なんだそうです 

こちらに行ったことのない方でも
「 千本鳥居 」 の写真を見たことがあるのではないかしら
いかにも外人受けする神秘的な鳥居が並ぶ景色は圧巻だと思います

また
お稲荷さんといえば 「 お狐様 」
稲穂を咥えるおキツネさんの像が大鳥居の脇にあります
商売の神様であって豊作を願う人々の信仰の対象だったのでしょう

201609300903268ee.jpg


本殿に入る石段の左右には大きな おキツネさんが・・・
当然 「阿」「吽」の呼吸をしているのでしょうか

20160930090323663.jpg


今から70年ほど前
お義母さんが中学生の頃に
襟に毛皮の付いたコートを着ておばあちゃまと二人で訪問した京都

この旅行で 伏見稲荷大社のみならず
お義母さんとおばあちゃまとの思い出深い
幾つかの場所を尋ねることが出来たこと
そんなことが夫と私を
今までよりずっと幸せな気持ちにさせてくれました


20160930090324b22.jpg


この日はね
平日にも関わらず観光客でいっぱい
中でも着物を着ている女の子を沢山見かけました 

京都を散策するのに3000円位で着物をレンタルできるお店もあるんですよ
夫に笑われそうですが
もっと若ければ私もそんなことしたかったかもです エヘヘ


そして
翌日は南禅寺と三十三間堂を散策する予定が
雨で結局、南禅寺で湯豆腐をいただいて
新京極を修学旅行の子供たちのように
ウキウキとお土産を探して歩いた私たちです


明日は夫が南禅寺の湯豆腐の事を
書くそうですが
またまた毒を吐かなければいいのですが。。。

 
それでは
今日はこの辺で!




 お帰りになる前に
   ↓ ↓ ↓ ↓
........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます





.

午前中彦根城に行った(行けなかった)僕たちは
午後から今回の旅行の目的である伏見稲荷へ行った

時はちょうど昼になる
昼食はカミさんが 持ち前の 検索癖 をフルスロットルにして

京料理🎎

の店を探して予約をしておいてくれた

僕が常日頃、頭から馬鹿にし切っている
あれ、なんだっけ?

食べログ

あのサイトでも人気の店だそうで。。そう、よかったよかった👏


僕は食レポが下手なんです
僕が料理について書くと美味そうじゃない

僕は料理を食べた店で支払う料金の中に

その店の料理を自由に評価する権利

が付いていると思っているから
無遠慮に単刀直入にズケズケと率直に評価するのです
いわんや、可愛気がまったくない人間なんですよね


そもそもね

京料理🎎

なんていうカテゴリーが存在するのかどうかが疑問だった

僕は料理を食うのが精一杯で
料理の歴史やウンチクにはまったく詳しくないから
こういうこと言うの自らの無知をバラすようで恥ずかしいけど

京料理 って一体どういうのを言うの?

賀茂茄子の煮浸しが京料理か?
生麩か?
湯葉か?
壬生菜や聖護院大根やくわいや九条ネギを使った料理か?
それとも、おばんざいや懐石の事か?


京料理 という単語は
美容院に置いてある下劣な女性週刊誌か
妙齢の "グルメな女性(笑)" 御用達のサイトか
そんな所の造語じゃないかと思っていた


京都には親友と呼べる友人がいた
彼は50代にして亡くなってしまったが
よく僕の方から京都に出向いて行って一緒に飲み歩いていた

食事はいつも 浜作 だった
30代の頃、初めて浜作に連れて行かれて気に入り
それからは、
京都に行くと必ず浜作で酒を飲んで料理を楽しんだ

当然、店の主人とも昵懇になりいろんな話をした

その中で 京料理 とは何ぞや

という話題が出たことがあった

主人曰く

実は京料理という料理はないです

との事だった

旬を食べるのが京都の料理です

と教えてくださった

なるほど
そう言われると納得がいく

京都で食べる日本料理が 「京料理」であって
特別に京都独特の味付けがあるのかというとそうでもない

むしろ京都には美味しい食材がない…(京都の方、ごめんなさい)
それをリカバリーするために料理の技術が進化して行ったのだと思う

僕の拙い知識で思うことなので違ってたらごめんなチャイ


前出の女性達が言う 京料理とは
チマチマとした 箱庭料理 のことなんじゃないのか?

そうカミさんに聞いてみると

そんな感じだと思うわ

正直でよろしい
だから女性はいくつになっても可愛いのです


さて、可愛気のない話はこの辺りで止めにして
今回行ったのは 伏見稲荷の真ん前にある

玉家さん
201609291807018ef.jpeg

なんと、この料理屋
1613年、初代が豊臣秀吉の大阪夏の陣で闘死されて
2代目から始まった料理旅館
400年以上の歴史を持つ老舗中の老舗

201609291807020d4.jpeg

店内にもその頃からの歴史が並んでいる
201609291807019f7.jpeg


京都にはこういうお店は結構ありますよね

京都に住む知り合いのお爺さんがこんな事を仰った

ウチはなぁ
先の戦いで家が燃えてしもうてなぁ


先の戦いって、何だと思う?
普通の人は 第二次大戦 だと思うでしょう

ところが京都には空襲がなかった
この事もご存知でしょう

じゃあ、 先の戦い って何だ
それはね、
応仁の乱 なんだってさ!

これを聞いた僕はコケそうになった
京都はそんなありえない事が
脈々累々と続いている不思議な町



話が飛びました
料理に参りましょう

20160929180704cac.jpeg


女子は喜ぶかもしれない典型的な箱庭料理
味は。。。う~ん、はっきり言って ふっつぅー(普通)

20160929180754dac.jpeg


驚いたことに器は漆器ではなくプラスチック
中にガラスの器をそのまま入れているのに違和感と適当感を感じる
こう言うの 重ね着 っていうのか知らん

プラスチックの器はオプティマで使い飽きている
でも、プラスチックの器に盛られた刺身も
あまり気色いいもんじゃないから、まあ良いか


全体に言えば季節感を盛った京都らしい料理でもなく
立地条件に頼った大量生産料理に感じましたが。。
でも、カミさんが予約を取ってくれたので

もちろん美味しくいただきましたよ

20160929180659afa.jpeg


次の日に行った、あの例の(誰もが口を揃えて言う)

南禅寺の湯豆腐💀

よりも数段美味しかったが
岡山の雅芳の弁当の方がはるかに美味しい


まぁま、今回はありがとう
次に京都に行ったら
浜作か辻留を予約しておいてあげるね、
いつも可愛いまぁまちゃん💕



テナ事を言ったりなんかしてるけど

ほらね
食レポ下手で、可愛気ないし、つまらなかったでしょう
だーかーらー、カミさんに

食レポはお前が書きなよ

と言ったのに

ゆっくりお風呂に入りたいから、あなたが書いて

なんて言うもんだから。。。スミマセン



  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます




.

カミさんのおかげで
孝行息子だと誤解される恐れが生じている

カミさんがお袋にする事に付き合っているだけなのに
やっている事がすっかり親孝行然としている

はっきり言って、僕は決して親孝行などではない
何事にも自信を持っていない僕でも
これだけは自信を持って言える

さんざ好き勝手して育って
高校だって大学だって、一切親の希望に沿う気もなく
一人息子にもかかわらず、家を出て
貿易屋を始めて家に寄り付かなくなって今に至っている

当たり前の事だけど
会社も家も親の援助は一切受けずにやって来たし
相談すらした事もなく 唯我独尊

それが今回の旅行
まさに鬼の撹乱である


彦根城に行った事ある?
国宝5城の一つ、石高 25万石を誇る井伊直弼の居城

あの、「忠臣蔵」で広島の浅野内匠頭に切りつけられる
殿中でござる
の井伊大老のお城でございますよ

詳しくはわからないけど
今でいうと 官房長官 に当たるのでしょうか?

行ってびっくり
とにかく敷地がデカイ
さすが井伊大老の居城である

けど、このお城
車椅子では天守閣までたどり着けないのであります
だから歩けるうちに行った方が良いと思います

なにせ、広い
この写真の右側に伸びる建物が 馬屋

ちなみに車椅子を押す30歳前後のスタイルの良いご婦人は
僕のカミさんであります
20160928101628480.jpeg

今で言うと ガレージですよね

あぁ、こんなガレージがあったら
戦前のジャガーSS から戦後のXK Eタイプ 現代のXJ
ぜーんぶ集めちゃうんだけどね


彦根城が車椅子では入れない事を知った我々一行は
お堀の周りを散歩

彼岸花が咲く光景に "目鼓" をパチパチ打ちながら
「殿中でござる」しか知らない希薄な知識で
歴史の中を歩いたのでありました


彦根城の前に伸びる道

キャッスル・ロード

武家屋敷の名残を残す素敵な通りです
20160928101622e3f.jpeg


ところが駐車場を探すのに苦労した
説明より先に画像を見ていただいたほうが分かりやすい
20160928101626f48.jpeg

このような駐車場はあちらこちらにあるのです
ところが、一見して駐車場に見えないでしょ

2016092810172752b.jpeg
こんな感じで塀に囲まれてるんだよね

だからどこに駐車場があるのかさっぱりわからない
恐る恐る路地に入ると、そこが駐車場


やっとこさ、車を停めて
通りを散策

20160928101725fdd.jpeg
散髪屋さんもこの通り

ペットショップ
201609281016256bc.jpeg


モダンな名前の銀行もこの通り
20160928101624d00.jpeg
もちろんATMもありますよ


お袋と旅行に行くのは何十年振り

小学校か中学校の頃
高知にサワチ料理を食べに行った

泊まったのは 山内一豊の屋敷を旅館にした。。名前忘れた

それ以来、行った事がない

あっと、そう言えば
ハワイにコンドを買おうと思った時
お袋を連れて行った

それも10数年前の事


お袋もあと何年生きているのかわからない
良いタイミングで連れて行けたと思う

すべて は "30歳前後" のカミさんに感謝





  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
...............
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



2016.09.27 家族で旅行
.

今彦根のホテルで
朝食のクロワッサンを食べている

彦根の隣町、長浜には長いこと実家の別荘があった
高校生くらいにあると友人が来るようになる
そんな時は別荘には留まらず
当時あった彦根のプリンスホテルのコテージを借りて
毎日テニスをして遊んだ

近所に仲良しの永大産業の深尾ファミリーの別荘もあって
モータボート(永大産業製!)もあったから
水上スキーをしたり、女の子のケツを
追いかけ回したりして遊んだものだった

その懐かしい彦根にベースキャンプを設け
彦根城や京都旅行をすることになった


ひょんな事から今回の旅行が決まった

僕のルーツ(総本家)は広島にある
東柳屋敷 と地元の人から呼ばれている本家の敷地内に
普通の一軒家ほどある伏見稲荷の社がある
どうやらうちは伏見のお稲荷さんを信心していたらしい

夕食の時、
カミさんにそんなことを話したお袋が

もう一度、伏見のお稲荷さんに行きたいねぇ

と、口に漏らした

人の好いカミさんが即座に反応し

お義母さん、伏見稲荷、行きましょうよ!

カミさんは僕に向き直って

ねぇ、いいでしょ
お義母さん、行きたいっておっしゃってるんだし
私も京都には行きたいから、ねえ、行きましょうよ



僕は基本的にカミさんの言う事は何でも聞く事にしている

写真を撮る時、僕は常に直立不動で
カミさんから「郵便ポスト君」と言われてきた
つまらないから何かポーズを取れと言われるが

男がそんな事出来るか💢

と頑なに断り続けてきた
しかし、最近は直立不動から片足を少し斜め前に出して
「休め!」の姿勢が取れるようになって

やれば出来るじゃない👏

と褒めらられたりもする



お袋は足が弱っていて、
コロコロ(歩行器)の助けがないと歩けない
しかし、伏見稲荷の境内をコロコロで見て歩くのは無理
もし行くとしたら車椅子を借りて車椅子で見て歩くほかない

私が車椅子を押すわ
それでもいいですか? お義母さん


この人(カミさん)、普段はボンヤリしているのに
こういうイベントごとになると俄然力を発揮する

僕は車椅子を押さないと言う条件で
お袋は京都旅行に行く事になった

いえね
別に僕がお袋の車椅子を押したくない訳じゃないんだよ
お袋の方が常日頃から

息子(僕)に押してもらうのは嫌だ

と嫌う

何故だ?
と聞くと

僕が押すと

ビュンビュン早くてゆっくり見て回れない

のだそうです
そういえば、以前にデパートで車椅子を借りた時
目的の売り場まで一直線に行って
用事が済んだら一直線に帰ってきた

どうも年寄りのスローテンポに付き合うのは苦手

その点、カミさんはカミさん自身がスローテンポなので
お袋と波長が合うらしいんだよね


じゃあ、ジャガー(コアラ)最後のツーリングとして
京都まで行っちゃおうか
手放して車を替える気満々でいる

みたいな感じで、3泊4日の京都旅行に行く事になった

京都まではそれほど遠くない
5時間ほどかな

新東名を走るのが早いが、新東名には美味いものがない
だから海沿いを走る東名に決まり

桜エビが食いたくて、昼頃に由比を通る時間に出発

海鮮丼
20160927073208883.jpeg

王道、かき揚げ
20160927073205713.jpeg

生シラス入りですが。。。
2016092707320419d.jpeg
シラスがイマイチ


こうしてお袋を交えた
いつもの珍道中とはちょっと違う
ややマトモな旅行始まった

どうなることやら





  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
...............
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



.

僕は宗教にはあまり興味はない
哲学的な見地からは興味を持っているけど
「信心」するかと言われると。。。
無理なような気がする

高校の頃、ちょっと思うことがあって
教会に行ってみようと思った

親の知人を通じて
四谷にあるイグナチオ教会を紹介され
毎週木曜日、聖書研究会に1年ほど通ったことがある

ちょうど僕と同年代の高校生だけの研究会

研究会と言っても、聖書の一部分を抜粋して

「ここでキリストはどう考えたか」

みたいな事をみんなで議論する

そこで気付いた
僕以外の奴らはみんな キリスト贔屓 なんだよね
だから、僕たち一般人が

それはないでしょう

と思うことでも
すべてキリストの善意として解釈してしまう

バカバカしい💨

宗教の底を見たような気がした


考えてみれば
聖書を訳す人ってキリスト教の関係者なのだと思う

という事は
僕が行った聖書研究会の奴らと同じように
全てを好意的に訳している可能性がある

ヘブライ語が英語に訳され、英語が日本語に訳され
そんな事しているうちに伝言ゲームのように
真意がねじ曲がって伝わっているのではないのか

そう思うと

聖書を原語(ヘブライ語?)で読んでみたい

僕はキリシタンではないけど
「なぜなに君」だから、そういう事も疑問に思えてくる



僕のように夢の無い人間は宗教には向いていない
宗教へ傾く人ってロマンチストなのだと思う

僕はロマンチストではない
誕生日ですら祝って欲しくないと思うほどひねくれている

そもそも誕生日なんて物は、
嬉しがり屋が寄ってたかって騒ぐ日でも
恋人同士がロマンチックに
ワイングラスを合わせる日でもない

その時恋人からプレゼントされた指輪は
そのうち新宿の大黒屋あたりで現金に替えられ
新しい男へのプレゼントに化ける
こう言うのを輪廻転生という。。。南無阿弥陀。。。。📿

誕生日はこんなバカバカしい歴史を刻む日ではない

産んでくれた母親に感謝する日である
※ これはあくまでもタテマエ論でございますので。。。

こんな事を大学生の頃から言ってたから
誰も僕の誕生日を祝うなんて奇特な人はいなくなった



仏教にはモーゼの十戒と同じような
五戒 と言うものがある

その中には

酒を飲むな

と言うのがあって、この時点で僕は落伍者になっている

面白いのがその五戒の中に

姦淫するな

と言う項目がある

つまり、「不倫をするな」という事


エジプトの壁画に書かれた象形文字を解読したら

最近の若い者はなっとらん💢

という意味の事が書かれていたそうな

今も昔も変わらない

仏教が始まったのは紀元前六世紀って言われている
この五戒は釈迦が説いたものだから
不倫ていうのは紀元前からあったんだ

そう思うと。。。。
人間てのは、ほとほと進歩のない生き物なんだと思う


神を信じるか

信じてはいないが (信じていないと明確には言えないが)
何か良い事があったりすると

今日は良い日だな
神様ありがとう


と心の中でそう思う


うちの近くに甲州街道が通っている
この道、車線が狭くて大き目の車だと
車幅にとても気を使う
それに、立派な並木道があるのだが
並木が立派過ぎて沿線の店が全く見えない

ある程度位置関係を理解していないと
あららららら
と言う間に通り過ぎてしまう

行政や国策って50年、100年先を考えて行わないと
こんな事になってしまう
の良き反面教師知でありますね



今朝、カミさんと甲州街道を走っていたら

まあ、会うわ会うわ

変態車がたくさん走っている
何かあったのか?

まず、甲州街道に出る前に会ったのが
ウエストファリア
201609251123009eb.jpg
これは、うちにあるオプティマと同じようなキャンパー
ただし、うちのオプティマの方が希少で使い勝手も良い

甲州街道に出て最初に会ったのは
ジャガーEタイプ シリーズ1
20160925112255a5d.jpg

良い物を見せてもらった
神様、ありがとう



次にすれ違ったのは
フィアットX1-9
20160925112257987.jpg
当時は うんこフィアット
と思っていたが、絶滅せずに残っているのを見ると
嬉しくなってしまう
アメリカにいた頃のガールフレンドが乗ってた

次に ロータスエリーゼ
201609251122582d6.jpg
これは、友人が所有していて
筑波サーキットを走っていたので
当時持っていた筑波の家に置かせてあげる代わりに
ちょっとの間借りて乗っていたことがある
面白い車

ワーゲン タイプ1
2016092511225437f.jpg
単にワーゲンであって車ではない物体
ワーゲンと言う生き物
ワーゲン乗りの方、怒らないでね

ほんの40分ほどの間にこれだけの車に出会った

すごく幸せな気分になった


昨日 XJS に会ってからおおらかになった自分がいる
久し振りに人を大らかにさせる車に出会った

神様、ありがとう




  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます


.

2、3日前の事
滅多に鳴らない僕のスマホに電話がかかってきた
電話の主はジャガー専門の車屋さん

XJSの良いタマがあるんです

いきなりそんな言葉で会話が始まった
気持ちが波立つのがわかる

え?
年式は?色は? 状態は? 持病は?


矢継ぎ早に咳き込むように聞いた

年式は1990年
色はBRG (ブリティッシュ・レーシング・グリーン)で
内装はパーチメント(クリーム色)
56000kmで実質ワンオーナーです
状態は ビックリするくらい良いですよ
中(機関)は全部治して悪い部品は取り替えています



う~ん。。。BRGかぁ。。。
定番中の定番だけど、ちょっと決まり過ぎてないか
紺のブレザーにボタンダウンとレジメンタル
それと同じで芸がないと言えば芸がないよね

けど1990年製はビンゴ!
しかもワンオーナーで元オーナーは
マークII を足にして、他にもEタイプや
アストン、ベントレーを所有しているという超エンスー

しかもジャガー好きの欲のない業者さんで 激安

この状態の車を
この値段で手に入れることはもう一生不可能

聞いた瞬間に
なんとかして手に入れたい
と思った


このところ旧車バブルが起きている
ブガッティだとかブロワーベントレーなどの
本物のクラシックカーまでは買うことが出来ない小金持ちが
ソコソコの値段で買える 旧車 を欲しがるようになった

もともと旧車しか乗らない善良な市民 (僕のこと) は
そんなブームの中でとても迷惑している

例えば、150万から200万もあれば買えた
25年も前のポルシェが、今じゃ 600万もする

僕が欲しがっているジャガーのオープン
ちょっと前までは200万か、も少し出せば
そこそこの状態の車が買えた
なのに今じゃ400万から凄いのになると700万!

アストンマーチンDB-5 右ハンドルは 5億4千万

カミさんが

車の分際でどうしてそんな値段なの

「車の分際で」とは
普段のカミさんらしくない言葉で笑ったけど
まったく言い得て妙じゃありませんか


旧車の値段が上がったのは
海外からの買い付けが増えたのが理由らしい
商社までが割って入って暗躍しているらしい

世界的にちょっと古い車の魅力が再評価されている
これは プリウス のおかげでもあると思う

風が吹くと桶屋ば儲かる 的な発想ではあるが
僕なんかから見ると
プリウスは 単なる移動の為の道具であって 車ではない

小室哲哉の幾何学的な音楽に飽きた人が ゆず に行く
そんな感じだと思う

車って、やっぱり、こうだよな

と思える車に乗りたくなったんじゃないか

イグニッションを回してエンジンの目を覚ます
オイル計の針が動き、水温計の針が少し上がったところで
ギアを入れ足回りを温めながらゆるゆると走り始める
僕が乗ってた昔のフェラーリ308なんかは
いったん2速に入れてからあらためて1速に入れたものだった
楽しきルーティーン

そんな儀式を終えると車は生き生きと走り始める
振動が伝わり車の鼓動が伝わってくる

赤ん坊が車を「ブーブー」と呼ぶが
本当に車って「ブーブー」って走ることに気がついて
一人で笑っちゃったりする

それを懐かしむ人が世界中に増えてきた
トヨタのおかげ💘


そんな中で
車を大切に乗る習慣がある日本の中古車が注目された

例えばね
メルセデスなんかの 8万キロ走行車
日本人の感覚だと
結構走ってるな
だろうけど、海外の人からすれば

Low マイレージ!

だって8万キロって、マイルでいうと5万マイル程度なんだもの
そりゃ、Low マイレージ って言われますよ

人によっては

メルセデスなんかは15万キロ過ぎてから
本当に調子が良くなるんだ


なんて豪語する人もいる

そんな走行の少ない、状態の良い車を求めて
海外の車ブローカーが大挙して日本に押し寄せてきた


それともう一つの理由は
車の輸入関税を低くした国が増えた事

昔オーストラリアでビジネスをしていた頃
現地で買ったジャガーの中古車は
中古なのに当時で500万近くした

20160924180155b73.jpeg
これ、オーストラリアで買って乗ってたXJ-6

オーストラリアではカローラあたりのとんでもない
ボロ車だってイッチョマエの値段で売られていたんだよ



話が長くなりました

ジャガー屋さんから電話をもらった僕は矢も盾もたまらず
コアラ (いちおうジャガー。。涙) にうち跨って
雨の中、行きましたよ

途中で見かけたオモロイ看板
20160924182740d3f.jpeg
す ー いなみ ー く じゃねえかよ
杉並区よ
いや、国交省よ、もっとしっかりせんかい


そして緑の猫にご対面
201609241827357c5.jpeg

う〜ん、ジャガー伝統のBRG (ブリティッシュ・レーシング・グリーン)
思えば、10台以上のジャガーに乗ってきたけど
BRGには乗ったことないよなぁ
20160924182349e68.jpeg
自分がこの色に乗って似合うかどうか
車って服と一緒だからね
似合う色と似合わない色がある


1975年、僕がクーパーSを買ったばかりの頃
ジャガーはEタイプからこのXJSへと変わった

その時

なんて変な車をジャガーは出したんだ

と、買えもしない若造なのにイッチョマエに落胆して見せた

それが、1994年までの約20年間作り続けられ
今となったら 名車 と呼ばれるようになった

石の上にも三年

そのXJS を 最後の車にしようとしている

このちょい下品なおケツが最高
20160924182739556.jpeg

内装もこの通り
2016092418273719a.jpeg

20160924182737556.jpeg
ビューティフォー!!

それにね、この子、スポークのホイールを履いてるのよね
20160924182351172.jpeg
僕は XJS にはスポークは似合わないと思っていた
が、BRG だと意外とイケてるんです
しかも!センターロックだったりして!!


猫だらけの 猫カフェ 状態
201609241803454b2.jpeg

赤い猫
20160924180346cc8.jpeg
まだ若い

こっちは黒猫
20160924180348932.jpeg

20160924180349545.jpeg

猫を見てるだけで幸せ

Feeling was good enough for me 🤗

さりげなくベントレーもあったりする
20160924180346da3.jpeg
こっちはお店のオーナーのオモチャ

ターボR に エイト のグリルは趣味がよろしい

と褒めて差し上げた wwww


そんな事より
この XJS 欲しい!!!!!!






  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
...............
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



2016.09.23 不思議な少年
.

卓球の愛ちゃんが結婚したニュース映像を見た

芸能人達の毒々しい映像に見慣れた眼に
愛ちゃんの姿は本当に綺麗に見えた

総絞りの着物がすごくよく似合っていたし
台湾での記者会見で着ていた白と黒のワンピース

控え目で上品で、今まで見た花嫁の中で
2番目に美しいと思い心から祝福させていただいた

ちなみに一番は

我が妻💘

に決まってるでしょっ!



僕はカミさんに 「なぜなに君」 と呼ばれている

理由はいい歳コイてるのに、いまだに
色んなことを不思議がったり疑問に思ったりする
子供のような癖が治っていない

アクアフレッシュがどうして色が別れて出てくるのか
不思議で不思議でたまらなくて
アメリカで買ってきたアクアフレッシュの
チューブをハサミで切断して、中を見ていたら

キャァ~💥

というカミさんの悲鳴が聞こえた

なっ、なんだっ!
一体何が起きたのだっ!
暴漢でも侵入したのか!


驚いてカミさんを見たら
カミさんが僕が切ったアクアフレッシュを見て
唖然と眼と口を開けていた

どうしてそんなことするのっ💢

2016092316401976f.jpeg

。。。しっ叱られた😢


何もそんなに怒ることはないじゃないか
お前は不思議だと思わないのか


思うけど、普通切らないでしょう

だって切らなきゃ中が見えないじゃないか

と言うような犬も食わない軽いイザコザがあった

けど、あれって、不思議だとは思いませんか?

チューブの中で色が別れているのなら、と思い
チューブをぐちゃぐちゃに揉んでみた
が、ちゃんと色が分かれて出てくるのです

切ったチューブはタッパーに入れられ
カミさんが歯ブラシを突っ込んで僕の分まで付けてくれる
20160923164018c59.jpeg

中はこんな感じ
201609231640177d2.jpeg




その他にも不思議なことは沢山ある

一昔前 ロン毛 が流行ったでしょう

疑問はどうして流行るのかではなく
流行ったからってすぐにロン毛にできるもんじゃない
僕は50歳になる前あたりに
髪の毛が後ろで結べる程度まで伸ばしたことがある
それだけで約2年かかった
なのに何故「流行る」のか

2年もかかったら
伸びる頃にはもう流行なんて終わってるんじゃないか

丸坊主だったら、今すぐにでも出来るけど
ロン毛は「じゃあやろう」というレベルじゃないじゃん



ついでにもう一つ

それは視聴率

視聴率の機械があるのかないのか、よく話題になるけど
友人のテレビ局でディレクターやってる奴に聞いたら

ありますよ

と言う答え

テレビ局に努める人の親近者に依頼して渡しているらしい
ただし、数はビックリするくらい少ないとの事

それだけで 「視聴率」なのかどうか
その辺はテレビ局の関係者も疑問に思うらしいけど
その辺は 長いものに巻かれろ らしい

僕が不思議なのは 「瞬間視聴率を記録した!」ってアレね

例えば
浅田真央ちゃんがトリプルアクセルを決めた瞬間に
視聴率が 最高視聴率 になった
みたいなこと言うでしょう

でも、考えてみて
トリプルアクセルを決めた瞬間 って、最初から見てなきゃ
いつトリプルアクセルを決めるのかわからないじゃん

そろそろトリプルアクセルをやりそうだぞ

そう思ってチャンネル変えるか?

分からないことはたくさんあります

ココイチのカレーが不味いまま
企業努力もなく放置されているのも不思議の一つ

カレーって誰がどう作ってもそこそこ美味い物なのに
それを敢えて不味く作るって言う
その辺のテクニックがわからないのであります


時々見かける 先っちょの長い靴
201609231640154a4.jpeg

あれも不思議

あんな物がカッコいいと思っているのか
不思議




  お帰りになる前に
   ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます


.

本当なら今頃、芦毛の名馬にまたがり
八ヶ岳の麓あたりを颯爽と走り回っていた

あ、これ、カミさんの話ね

乗馬でも始めようかしら

と言い出したのが
アリゾナからメキシコに行った頃だから
今年のゴールデンウイーク過ぎた頃

乗馬クラブに入るんだと言って
いろいろ調べていたから

乗れるようになって馬でも買ったら
エルメスで鞍をオーダーしてあげるね


あははは
でも、そうよね
エルメスって元々馬具のメーカーだものね


みたいな事を冗談半分、本気半分で言ってた



話は変わるけど(毎度のことでスミマセン)

馬って家で飼えるのか?
もし家に馬がいたら、

馬に乗って飲みに行く

その場合、飲酒運転になるのか?

いや、ならないでしょう

それに酔っ払って寝てしまっても
ならず者に撃たれて傷を負った保安官みたいに
馬にかかぶさった状態で家まで帰って来れるじゃない

けどもし、馬が酔ってたらどういう違反になるのか。。
馬酔木で本当に馬は酔うのか。。。

こんなクダラナイこと考えてると
あっという間に過ぎて行く秋の1日なのでございます



話をもどします

乗馬を目論んだカミさんですが
持ち前の、いや、まったく持ち合わせていない根性ゆえ

夏は暑いから嫌だわ

だの難癖を付けてるうちに秋が来た

奴(妻)は一切運動をしない
唯一、運動と言えるのはガレージがある一階から
三階の夫婦部屋まで、エレベーターを使わないで
階段で上がることくらい

けどこれも
買い物をして荷物があればエレベーターのお世話になる

夫である僕は、妻の運動不足について
常日頃からとても気を揉んでいたのです

若い頃テニスをしてたって言うから
僕もテニスはするし「テニスが良いかな」っと思っていたが
本人の現状は立っているのがやっと みたいな
シカバネ状態
それに、体が硬いから
ピノキオ と僕に呼ばれている
だからテニスは却下


以前

一緒にゴルフでもしないか

と誘ったことがある

ゴルフ? 無理無理
昔、少し習ったことがあるけど
あまりに下手だったので止めてから
もうゴルフはしないと決めたのね


と言って取り付く島もなかった


僕はゴルフ歴長いんですよ
僕はこの10月で62歳になるんだけど
ゴルフを始めたのは3歳の時
なのでもうかれこれ58年もゴルフをしてることになる

これ、お坊ちゃまだった頃のスキッパー卿
20160922111558ed7.jpeg
ね、グリップもちゃんとしてるでしょ

2016092211155988a.jpeg
クラブは親父が何処かで作らせたらしい
日付が昭和32年になってます

こうして、ゴルフ好きな親父に子供の頃から仕込まれた
けど実は、ゴルフをしてたのは小学校の高学年までで
それからは海一筋
ブランクが50年もあるんだから、ほとんど初心者

あのまま続けていれば
ジャックニクラウスと一緒にラウンド。。?
していたかもしれない。。ははは。。ないない


けどね、時々誘われてシブシブ行ったゴルフで
打ちっ放しも何もしないでいきなり本番で
100前後で普通に回れるのは親父のスパルタのおかげだと
別に感謝はしていないけど。。そう思う


そんなある時、
ある事件をきっかけにゴルフをプッツリやめた

虎ノ門にホンマの棚落ち商品を売っている店があって
そこで120万くらいのクラブセットを35万くらいで売っていた
それを買った

どうしてそんな無駄なことしたかというと
金があったのと(嫌味でしょ!…ははは)
銀座のネーちゃん達とゴルフに行った時、見栄が張れる
それだけの事
バカですね

しかしそのクラブは会社に置きっ放しにしているうちに
社員の誰かが持って行って、そのまま返ってこなかった
結局買っただけで一度も使っていない


が、それが事件ではない

事件とは
飲み屋のコンペに誘われて参加して
表彰式と打ち上げを兼ねて飲んでいる時に
常日頃から
「ゴルフは紳士のスポーツ」だとのたまいながら
チョコレート(現金)を賭けている嫌味なオヤジがこう言った

川奈へ行ったことがあるか?
川奈はおばさんのキャディーがバッグを担いで歩くんだ
さすが名門だよ


僕はオヤジのその言葉にカチンと来た

女性に重いキャディーバッグを担がせて
悠然とゴルフをする神経の持ち主が「紳士」であるなら
僕は「紳士」である必要がない


そういう趣旨の事を言ったと思う
そして宣言した

俺、もうゴルフしないから

そう言って、クラブとバッグを

誰か欲しかったら持って帰ってネ

と置いてサッサと店を後にした

それ以来やっていない


そして時が過ぎ
僕はヨットとサーフィンで人生の大半を使い果たした
サーフィンが出来なくなったらゴルフでもしよう
キャディーバッグをカートで引っ張って歩くゴルフをしよう
薄々、そんな事を考えていた

今でもサーフィンが出来ないわけではない
が、この先の時間をカミさんと一緒に過ごしたいと思う
同じ趣味を持って同じ時間を共有したい


昨日の夕食の時

もう一度カミさんをゴルフに誘ってみた

今度は作戦を変えた

欲深い女を口説くには利害を説くのが
最も効果的である事はアチコチで実践して来たから分かってる
コレ けっこう得意な技なんだ

カミさんは

だって、下手だから何度も打ち直して
あなたに迷惑がかかるじゃない


うん、それは分かる
けど、迷惑だなんて水臭い

僕はこう言った

あのね、上手い下手よりもこう考えてごらん
たった72回しか打たないで終わる人よりも
同じ料金で何百回も打った方が得だと思わない?
5000円の食べ放題で2~3品しか食べないよりも
何十品も食べた方が得でしょ
だから、お前はどんな上手い人よりも
何倍も得することになるんだよ


もう後は説明しなくても察しがつくよね

今週末、僕たちはゴルフクラブを買いに行くことにした🚗




  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
...............
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



.

俺が死んだら体のパーツは
すべて必要としている人に使ってもらってくれ
体も献体に回してくれ
とにかく、死んでしまったら何もいらないんだから
使えるものは使ってくれ
肉屋に売ってもいい
(これはウソ)

そんな話を昨夜して、
じゃあ書面にして残そうということになった

死んだら棺桶にコノワタを入れてくれ

これは辞世の句

20160921132658861.jpeg

ついでに棺桶にジャガーXJSのキーを一本
とらふぐのアラも欲しい
携帯用ウォシュレットもほしい
Tポイントカードも入れてくれると
どこかで役に立つかもしれない

そして、出棺の時の音楽は

想い出の渚 を頼む

てか、葬式なんてしなくていいよ

と言ってるけどね


いままでバタバタとした生活をしてきた
ここに来て 安らぐ という技を覚えた

心のどこかに、ワインの底に溜まった澱のような
"わだかまり" が安らぐことを阻害しているのもわかる

忘れかけていた朝の気ままな時間

20160921132656afd.jpeg

柿右衛門のティーカップを出したから
いつものではなく美味しい紅茶を入れましょう


とカミさんが紅茶を淹れてくれた
※ この柿右衛門はたいして良い作品じゃない

それよりも
ん?
いつものではなく美味しい紅茶。。。。

じゃ、いつも飲んでる紅茶は美味しない方の紅茶なのか
よう分からん


昨日の昼食
20160921132657265.jpeg
残り物をリフォームして作ってくれたスパゲッチ
美味しいんだよ!💖


カミさんは
パスタと言うが
僕は徹底して
スパゲッチ と言うことにしている

カミさんは喫茶店を
カフェ などと言う

カフェだとぅ💢
本来カフェっていうのはだな
女給がいて酒を飲ませるところなんだ


一体いつの時代の話なのか自分でもわからないが
とにかく、今風を気取るのが苦手な昭和なジジイなのです


ベストを最近では
ジレ というらしい

なにが ジレ じゃ
岡山では
チョッキ と呼んどるわい


東京ではエグザイルが人気だが
岡山ではピンクレディーが人気
東海林太郎だって今だに直立不動で歌ってる
どうだ!マイったか!!


午前中カミさんを駅まで送って行った
渋谷まで髪を切りに行くんだそうな
送って行った帰り、駅の近くの イルカ という
散髪屋で僕も髪を切る

たった2100円で関西の極道者みたいになれた…泣

たかだか髪を切るのにあの猥雑な渋谷まで行く
これは狂気の沙汰である

僕は吉祥寺から内側には立ち入らないと決めている

例外的に昔住んでいた中野まで行く事はあるかもしれないが
まだ挑戦するに至っていない

来月の僕の誕生日
カミさんが

日本料理 みゆき

と言う店を予約した
聞けば椿山荘 の中にある和食屋らしい

椿山荘といえば新宿のもっと向こう
早稲田だか護国寺だか、その辺じゃないか

カミさんには申し訳ないが
すごく

行きたくない!

と思ったけど、せっかくの厚意なので
ツイードのジャケットを着て行くことにした

何なんだろうね、この引きこもり感
誰にも会いたくないし、街には出たくない
もともと人混みが嫌いでそれが嫌で東京から逃げ出して
海の側に家を買って住んでいたのに。。。

でも、東京の嫌さには慣れてきた
オプティマで東京を逃げ出しす術を覚えた

あとは、XJSの屋根を開けて林の中の道を走ると
今、心に淀んでいる邪念(?)や不信感やストレスの全てが
ジャガーの開けた屋根から空気中に霧散していくだろうと思っている

解脱 と言うのか 達観 と言うのか
ジャガーのある生活によって感じ得るあの感覚
ジャガーと僕はワンセットだった事に最近気がついた




  お帰りになる前に
     ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



.

新宿からオレンジ色の中央線に乗って
12〜3分のところに 吉祥寺 という街がある
僕たち夫婦はその吉祥寺駅から
15分くらいのところに住んでいる

昔から吉祥寺には浅からぬ縁があった

高校の頃、ガールフレンドと自転車に二人乗りして
デートしたのが井の頭公園だったし (※ カミさんに自白済み)
岡山で家族ぐるみの付き合いをしていたボンボンが
吉祥寺にある成蹊大学へ通っていたから
吉祥寺に呼び出されて食事をご馳走になったりしていた

もともと中央線沿線にはミュージシャンが多く住んでいて
当時の吉祥寺には沢山のライヴハウスがあって
関係ないけど「城」なんていう名のディスコまであった

そうそう、そのガールフレンドね
芸能界にいたんだけど、今は有名な俳優さんの奥様になっている
別に懐かしいなんて思わないけどね


今も昔も僕はIVYで不良の音楽少年(ジジイ)で
高校の頃は伊勢丹会館の裏にあった
キングコング というロック喫茶や渋谷の 青い森
吉祥寺の名前は忘れたけど
北口商店街の奥の方にあったライヴハウスにもよく行った


話は変わるけど (毎度の事でスミマセン)
僕たち夫婦には子供がいない
子供がいる家庭の楽しさはもちろん想像できる
けど、子供がいない事で増える気楽さ楽しさもある

バーベキューセットと大量の肉を積んで
家族でわいわい出かけるピクニックも楽しいと思うがが
紅茶とチキンサンドをバスケットに入れ
二人乗りの車で出かけるドライブもそれはそれで楽しいものだ

次に結婚する時は子供を作ろう

そう話して、もう一度結婚をする約束をしている
つまりカミさんは 来世の婚約者 って訳よね

ちなみに最近、婚約者のお腹付近が妊娠したように
ポッコリ膨らんできた
これはマズイ!
できちゃった婚になるじゃないかと思いきや
どうやら毎晩僕に付き合って飲むワインや日本酒の
カロリーによって "妊娠" してしまったらしい
だとしたら僕だって何年も前から臨月が続いている
メデタシ、メデタシ。。。。😱

つい先日の事
その婚約者であるカミさんをライブデートに誘った

吉祥寺の老舗ジャズクラブ
20160920141137e27.jpeg


演奏は8時だったので
その前にちょっと一杯やろうと北口の飲み屋街へ

吉祥寺を地元として遊んでいるカミさんなのに
飲み屋街にはまったく足を踏み入れた事がないらしい

飲み屋街っていうのはカミさんにとっては伏魔殿
新宿に行く事はあっても
東口方面には一切近寄らない(元)深窓の令嬢だったりする

何気なく細い通りに入って
さてどこで飲もうか
美味しい物オーラ用のアンテナを立てて歩いていると

20160920142235040.jpeg
こんな店があった


なんでもない古びた居酒屋である
が、美味しい物オーラを感じる

まったく何のためらいもなく "初めての店" の
暖簾をくぐった


やっぱりね
美味そうな物が並んでる

20160920141732abb.jpeg


取りあえずの瓶ビールをカミさんと分けて飲む

ココンチはカウンターに乗った4つの大鉢に
それぞれ煮物や和え物が入れられて並んでいて
その中から好きなつまみをチョイスできる

20160920141734505.jpeg

僕は茎若布の煮物、カミさんは春菊の胡麻和え
いずれも美味しい!

ネタケースの中を覗くとホヤがあった
北海道の生ホヤだそう
2016092014173627a.jpeg

久し振りにホヤの香りとホヤの味がするホヤが食えた
止め処なく美味い
僕はこういう "エゲツない物" が大好きなのです

北海道のつぶ貝も生を "ツブ" して焼いてくれる
201609201422383a1.jpeg


店主は北海道出身
だから北海道産にこだわって仕入れをしているという
北海道の物って、本当に美味いものが多いよね


別のお客さんが頼んだのを聞いて欲しくなった
20160920142236517.jpeg
鰻ざく


穴子の白焼き
20160920142233677.jpeg
と長物が続く

贅沢言うと
穴子はもう少し焼いてくれた方が
臭みが抜けて良いんですよね


それはさて置き
実はこの店に入った時から
僕はタイムマシーンに乗ったような
不思議な気持ちになっていた

懐かしいのである

何が?
なのかわからないけど、とにかく懐かしさを覚える

2016092014173428d.jpeg



20年前にカミさん自身が僕の前に現れたのもそうだけど
カミさんは時々僕に奇跡を起こす

この "初めての店" で飲んでいるうちに

この店、来たことがあるかも。。

と思い始めた

おそらく35年か40年近く前だったと思う
中の様子は変わった(古びた)けど、
何かどこかに

ここ知ってる

感があるんだ

20160920142234fc8.jpeg


そう言えば、40年前に来た時店主は元力士だったと聞いた

お相撲さん → 吉祥寺 → 43年前からやってる

ああー、絶対、ここに来てる


ほら、またカミさんが僕に奇跡を起こしてくれた
偶然歩いている通りに40年前の思い出が詰まった店があった
カミさんが一歩も足を踏み入れた事がない通り
そこにカミさんが案内してくれたような気がする

カミさんと一緒になっていなければ
吉祥寺の路地裏にたたずむこの店を訪れる事はなかったと思う

そんな事を思うと懐かしくて涙ぐんでしまう
だって、ジジイの涙腺は破れてるから。。。

あっ、この店ね
吉田類っていう人がやってる居酒屋をめぐる番組に出たんだって
それも店に入って初めて知った


さてさて
美味しく懐かしい "食前酒" をいただき
メインイベントのライブハウスへGo!

アイリッシュウイスキーを注文する
201609201411359c4.jpeg

そして恒例の
皆様のご健康とご多幸をお祈りして
20160920141737794.jpeg
乾杯🎉

つまみは。。。
2016092014113498a.jpeg
こういう場所では、ピータンが懐かしくなったりする


ジャズのインストルメンタルで始まった熟年のライブ
20160920141136a0b.jpeg

その日のメインはボサノバのライブだった
ジャズとボサノバを絡めてサルサソースをかけたような音
20160920141139995.jpeg


先日の別府さんのライブに続いてのライブハウス

音楽好きだった自分が蘇ってきている


カミさんは僕がジャズを好きなのは知っていたけど
わざわざライブハウスまで行くほど
好きだとは思っていなかったと言う

カミさんのイメージの僕は、

中央区界隈での クラブ活動👯


なんじゃそれは
亭主をそんな男だと思っていたのか


そうかみさんに聞くと

うん

と答えた😭

誤解とは恐ろしい
確かにクラブ活動に精を入れていた時期もあった

が、僕の本質は

ジャズでありシャンソンでありボサノバであり
カントリーブルースである

分かったか!💢




  お帰りになる前に
   ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます