20160802213209650.jpeg.........20160802213208db9.jpeg.


僕はドイツという国そのものにも、
ドイツに住む人にもドイツという国の食べ物にも
ドイツの車にもほとんど興味はないが
一度だけ仕事でオランダに行ったついでに
ドイツに寄ったことがある


アンチメルセデス、アンチジャーマンの僕だけど
世界のスタンダード、メルセデスベンツに敬意を表して
シュトゥットガルトにあるメルセデスベンツのミュージアムに
一度くらいは詣でておいた方がよりアンチを強く叫べると思った

男として、人として、カミさんの飼い犬としても
メルセデスの牙城を訪ねもしないでメルセデスの悪口を言うのは
それはフェアではないと思う
トヨタが好きな人は豊田市を訪れて
具が何も乗っていない500円のきしめんを食べるべきだ
それと同じ
。。。。訳がわからんが。。。


20170228094034bd1.jpg
メルセデスベンツミュージアムのパンフレット。。
と書くには豪華すぎる小冊子

201702280940371dd.jpg
ダイムラーメルセデス社の歴史に始まり

歴代のメルセデスが載っている
2017022809403634e.jpg
メルセデスが本当の 名車 だった頃の本当のメルセデス


フランクフルトからシュトゥットガルト(あー、書くのが面倒!)までは
新幹線のような電車でも行けるけどそこはクルマ好き

アウトバーンを走らなきゃ話にならない
オペルのレンタカーを借りて150キロくらいで
悠々と巡行していると追い越し車線をメルセデスなんかが
すごい勢いで追い越して行く
オペルでもアクセルベタ踏みで200km(メーター読みでね)
出たけどやはりオペルでは怖いもんです

館山道の直線を996(ポルシェ)で
270キロ出した "夢を見た" 事があるけど
オペルの200キロも同じくらい緊張した


かつてドイツではホロコーストで
600万人の虐殺があったと言う話を何かの本で読んで知った

若い頃の僕はそれを信じていたけれど
長じて別の事を思う

だけど、600万人分の遺骨はどこにあるのだろう

いやホロコーストを否定するのではないけど
600万人分の遺骨や灰って大変な量だと思う
それらはどこにどうやって隠したのだろうか
それと敗戦直前のドイツに600万人を焼く燃料が
果たしてあったのだろうか

日本もそうだけど 敗戦国 っていうのは
良からぬ事を言われる運命にある
決してドイツを庇うわけでも
ホロコーストを否定するわけでもないけど

物事、常に冷静に考えなきゃならん

そう思っている


そんな中
アメリカのトランプ大統領が移民について言及し
世界中から非難を浴びた

日本はこれについて何も言わないのか

オメデタイ野党議員が安倍首相を
追求しているのを聞いて

こいつトコトン本当にバカなんだろうな

心からそう思った

移民の受け入れが超苦手な日本が
他国の移民問題についてあーだこーだ言えるはずがない


その時ふと思った事は
ドイツが難民受け入れに積極的なのは
過去への贖罪なんじゃないか


いずれにせよ
僕はアンチジャーマンであって
ドイツのすることをいちいち苦々しく思う

MINIをあんなにデカく醜くしたのも
ベントレーコンチネンタルやフライングスパーを
あんなに安っぽくしたのも
全てはドイツ人の仕業なんだよね

食い物といえばジャガイモとキャベツくらい
あ、それとソーセージか。。。
保存食ばかり食っている北国の寒村と言ったところかな

食に華がないから人も地味
地味な人が作る物には華がない
だからメルセデスやビーエムやアゥ痔には色気も華もない

おや?
それ言うのなら日本車に華がないのはおかしい
あの素晴らしい和食に対して日本車の 民度の低さは何なんだ

ん?
食文化の存在しない(失礼!)大英帝国の車に
味わいがあるのも変な話である

スパゲッチとピザしか食ってないイタリア人が
フェラーリやアルファC4やマセ・グランツーリスモ。。。
う~ん。。これも矛盾する


ロクな食い物がないのに閉口したから
メルセデスベンツミュージアムだけを見て
さっさとデンマークへと逃げ出したのを思い出したら
この前行った白川郷とリンクした

けど、ビールはびっくりするくらい美味かった
けど、ビールが美味きゃ良いという問題じゃねーし
ビールなんて産地で飲めばどれも美味いしね

もうドイツには行かないだろうな



  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



m3........2017013117150662d.jpg
.
こんにちは!
スキッパー妻
まぁまです(╹◡╹)♡


紆余曲折の中
白川郷 ~ 飛騨高山を散策した食いしん坊夫婦
そんな今回の旅のフィナーレを飾るのは
織部焼きの器を見て回ることです*∀o(^^*)♪

っと・・・
その前に 志野 織部 道の駅にてランチを

201702260955130c1.jpg

お食事の前に地野菜を山ほど買って

2017022609560244e.jpg


道の駅の中には織部焼きの食器を販売する大きなスペースが!
なかなか見ごたえのある売り場をパトロール

201702260955126cd.jpg


その後フードコートを見て回りますと

オラはこんなメニューしかないところでは食べない!😤

っとスキッパーが又してもへそを曲げてしまって・・・

で・・・
頼りになるキャンパーオプティマの登場(*≧∪≦)
駐車場のすみっこに移動して お屋根を高くして

201702260955093b8.jpg

ランチの用意を始めることに

201702260955109cf.jpg

サラダを盛り付けてる間に
2017022609555750d.jpg

マッシュポテトのきゅうり巻き

20170226095601e1e.jpg

ご飯を湯せんにかけたり
ハムエッグを焼いたり

20170226095507506.jpg

テーブルに並べたら

201702260955587af.jpg

スキッパーのご機嫌も治りました(*’U`*)v

20170226095559dcd.jpg


美味しいランチに満たされた夫婦の
次なる行き先は念願の

2017022609564896f.jpg

何とこちらでヽ(≧∀≦)ノ
スキッパー怒涛のお買物が始まります!



それでは皆さま
今日はこの辺で(o‘∀‘o)*:◦♪



 お帰りになる前に
   ↓ ↓ ↓ ↓
........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



IMG_5571.jpg.........201607311456091e9.jpeg.

ドナルドトランプ大統領が誕生した時

困るぅ~

不安です

と言っていた主婦やサラリーマンたちは
今も困っていたり不安だったりしているのだろうか

トランプが大統領になったらブラジルへ逃げる

と言っていたあの女タレントはブラジルへ逃げたのだろうか


天邪鬼な僕は 大勢の人が良いという事を
本当かなぁ と斜に構えてみてしまう

その点でいうと
僕はどうも小池百合子というおばさんが好きではない
あのおばさんの手法は政策論よりも
仮想敵を作って仲間を増やしているように見える

201702251200316b7.jpg


小池百合子支持者(笑)のカミさんの情報によると
あのおばさんは5つもの政党をフラフラと渡り歩き
政界の渡り鳥🦆 と呼ばれているらしい
どうりでね
あのおばさんにとっては面倒な政策よりも
仲間を増やすことが政治の世界で生きる術なのだと思う

謀略を正当化するにはあっけらかんとした明るさや
人間的な可愛げが必要だと司馬遼太郎は書いていた

その点でいうと
あのおばさんには可愛げがない
だって、目が笑っていない
犬に吠えられるタイプだと思う


あのおばさん
記者会見で記者が質問すると
「ふっ」と鼻で笑うような仕草をする
どうにも人を小馬鹿にしているように見えて仕方ない

都民ファーストと言いながら
やたらと訳のわからない外国語を使う
都民の中には僕のような無教養な人間もいることを
あまり分かっていないのか
それとも、外国語を使うことがカッコいいと思っているのか
どうでもいい事だけど
あのおばさんが僕の彼女になりたいと言って来たら。。。
う~ん。。。。断る (悩んでスミマセン)


30代の頃、親戚のおじさんが

市会議員をやってくれ

と言って来た

母方の親戚に国会議員がいるから
その傘下の市議になれとの事らしいが当然断った

政治家なんてまっぴら御免だよ
有名になるとロクな事がない

徹底的に有名になれば金も稼げるけど
中途半端な有名はリスクばかりでメリットは1つもない


政治は生活に直結している
から
政治について語るのは良い事だと思う

民主主義には民主主義を運営する側の知性が必要だと思う
全ての人民にそれができる知性があると想定した上で
民主主義を声高に叫ぶ事ができる

世の中、お利口さんはたった2割で
残りの8割ははバカなんだからどうしようもない

と、妻が言っている😜

とカミさんにここの文章を読んで聞かせると

やめてぇ〜!!
どうして私のせいにするのっ!!


と自分を庇った🤗




  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます




201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

僕は倉敷の出身なので。。と言っても、
かつて anan が特集して有名になった大原美術館の周辺の
蔵だらけの場所で育ったのではない
岡山県最南端の鷲羽山の麓で海を見ながら育った

とは言っても、大原美術館の町並みはデートに持って来いだし
デートはしたことなくても (これホント😭)
あの整然とした佇まいの町は好きだったし
他所から来た人に誇れるものがあった


さて、それは置いといて
僕たち夫婦は世界遺産の白川郷までデートに出かけた💖

201702240917056d4.jpg

雪はオプティマの窓の上の方まで積もっている
僕たちにとっては非日常の雪深い白川郷に喜ぶ

201702240915413cc.jpg


さすが世界的観光地

20170224091707fc9.jpg

観光客の半分くらいは外国人でその大半はアジアの人だった


白川郷に行って驚いたことは
あのクラシックな家屋の中に普通の生活があるという事だった

201702240917115ff.jpg

いや、それは当たり前で、生活実態のない家々を
見て歩いても臨場感がないジオラマを見ているようなもので
つまらないだろう
その点、白川郷には慎ましやかな生活感を感じることができた

20170224091710f9a.jpg



いつも話が飛んでスミマセン

これは個人的な。。あくまでも僕個人の嗜好であって
何がどうでも良いような話ですけどね

僕は建築素材の中で最も嫌いなのがブルーの波板トタンで
あれをすごく安っぽいと思うし、古びると汚らしいし
一部にでもあれを使った家屋には住みたくないと
心からそう思っていたのです


もう少し話が飛びますが
僕の育った家は三菱系の別荘跡で3000坪の敷地の上に
数寄屋造りの家屋が点在しており
僕の部屋から両親の部屋までの距離は徒歩3分だった

ある時、その実家を文化財に指定したいとの申し出が
官庁の関係者からあったが
文化財に指定されると家の中の釘一本打つにも
いちいち申請を出してお許しを請わなければならないらしい

倉敷の美観地区に昔から住む人たちは
それで大変ご苦労なさっていると聞いた我が家の当主の祖父は
それでは困ると、丁重に辞退した


白川郷にはそういう堅苦しさではなく
どこにでもある農村の暮らしがそのままあるように見えた

家の裏側には波板トタンの小屋が建ち
ダイソーの中国色の洗濯バサミで留められた洗濯物が
合掌造りの建物の軒下で揺れていた


メインストリートに並んだお土産屋や食堂(料理屋は無い)は
それまで商売には無知だった農家の人の
「オラも、オラも」の発想で発生しているように見えたし
食べ物に於いては 右へならえ
どこも代わり映えのしない素人のハンドメイドに思えた

20170224091708bf0.jpg

これ悪口ではありません
それが白川郷であり、それで良いと思っている


昼はどなたかがブログで絶賛されていた店に入った

20170224091543bd5.jpg

つくづく食べ物の評価って人それぞれだ
あぁ、やっぱり人の評価を間に受けちゃダメだ
別にその人が悪いのではなく、僕と味覚が違うだけだと思う


2017022409154384a.jpg

僕は朴葉味噌は朴葉味噌だけで食べた方が美味いと思っている
が、どこの店も飛騨牛が混入されている
朴葉味噌では金が取れず固形燃料のコストが気になるからだろう

案の定、牛肉は味噌で蒸れて肉臭さが抜けないし
味噌には肉の香りが移って「肉味噌」になって朴葉の香りが
スポイルされている

英国製の素朴なミニをドイツのBMWが豪華に肥大化させた
まるっきりそれと同じ邪魔臭さがある

それよりも固形燃料はもっと小さなサイズを選ぶべきで
僕らが行った店は固形燃料が大きすぎて焼け続けて
朴葉は焼け落ち、味噌の三分の一は焦げて食えなくなってしまった

こういう基本的なことすら分かっていない(気にしない)
スキルのない人が隣の見よう見まねで作った料理
クックパッドの落書きレシピを真に受けて作る間抜け料理
そんな感じがした

。。。。。。
20170224091545ac0.jpg
。。。。。。。💦

僕の頼んだものを見回したカミさんは無難に

2017022409154657c.jpg
。。。。。💦

けどこれの方が金銭的損害が少なく正解かも。。。


白川郷の食には打ちのめされたが
雪が消えて草が芽吹いて来る頃には
素朴で美味しい山菜を存分に楽しめると思う

が、しかし
冬の白川郷において食はアテにしないほうが良い

白川後の冬の「旬」は雪に覆われた合掌造りの美しさ

やはりモノゴト 旬 なんだよね




  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



201702230958455cf.jpg.........20170223095847bef.jpg
.

牧之原サービスエリアで晩餐を楽しんだ僕たちは
翌朝早く白川郷を目指して出発した

豊田ジャンクションから新東名に入り
東海北陸道を北上する最短ルートで白川郷に向かう

。。。。予定が

ここで話が変わります

僕には決めていることがいくつかある

まず一番は、
妻を大切にすること😰

でもこれは 決めること ではなく
当たり前で自然にそうする事であると思っているから
決めたこと でもないかな

決めたことは二番目三番目と続き
ジャガーが30歳になったら塗装や内装を
完璧にレストアードしてやろうと決めてることも
六番目くらいにあって
それのもっともっと下の方には
どこの誰が書いたのかわからない食べログの
エセ情報などは一切信じないとか
クックパッドみたいな便所の落書きレシピは見ないとか
の もう少し後ろの方に

年寄りには道を尋ねない🈲

と言うのがある

過去に道を歩いていたお婆さんに道を尋ねたがため
細い迷路のような道に入り込んで
ミラーをこすりながらバックで脱出した挙句
首にキラーカーンのモンゴリアンチョップを決められて
首の筋を痛めたみたいにエライ目にあってことがある

20170223053800d89.jpg

それ以来、年寄り、特に女性の年寄りには
絶対に道を尋ねないことにしている


さて、オプティマのナビ
厳密に言うと オプティマのではなく
ジャガーと共用しているナビ

こいつは ミニゴリラ といういつ買ったの忘れたくらい
古いポータブルナビだから新しい情報が入っていない

うっかり情報が古いことを忘れていた僕も悪いけど
平然と昔の情報を伝える
女性の年寄りのようなミニゴリラはもっと悪い

ずっと遠回りをさせられた挙句
朝食を取ろうと立ち寄ったサービスエリアのメニューがまた酷い

なんと

ネギしか乗っていないきしめんが
500円もするのだ😱

ソウルの南大門市場のボッタクリ屋台のような
完全に人類をナメ切った価格設定である

かつて副業的なビジネスで3億ほど儲かったことがあるが
あの時の僕でも 何も乗っていない 素きしめんに
500円の大枚を払う気は無かっただろう

ナビでつまづいて きしめんでイラついて

もう行かない
これから家に帰る


とダダをこねていたら

もう少し先に行ってみましょう
そうすると300円台のおうどんがあるかもしれないわ


とカミさんに優しくなだめられたから先へ進むことにした
が、正直あのまま東名をまっすぐ西に走って
岡山まで行って安くて美味いものを食おうと思った


紆余曲折。。

日本のヘソ
2017022305341525e.jpg

を通って

いよいよオプティマは荒れた海に進んで行く

201702230538028ec.jpg

こう言う標識が出てくると嬉しくなってしまう


しばらく走ると降っていた雨が雪に変わった
時間は 夜更け過ぎ♪ ではないが、とにかく 雨は雪へと 変わった

20170223053416947.jpg


僕はヨットに乗っていても少し荒れ気味が好きで
昔、潮岬の沖でドッタンバッタン揺れて
右の棚にあった物が人の手で運んだように
左の棚にきれいに移動していたことがあった
そう言う状況に入ると

あぁー、俺って男の子だなぁ😍

とナルシストしてしまうのです


が、しかし。。。
20170223053417725.jpg

さすがにこうなるとちょっとだけチキンになってしまい


この標識も
20170223053418752.jpg
もう重々分かっています
もうこのあたりでいいです 的な遠慮が出てくる


紆余曲折。。

いよいよ 世界遺産 白川郷が見えてきた
20170223053420554.jpg

遠回りしたから約6時間の航海

幾多の困難を乗り越えて
やっとこさ白川郷にたどり着いた僕たちに
次なる試練が待ち受けていた


という話はまた明日




  お帰りになる前に
 ....  ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

述べ四日間、
1112キロに渡る航海を終えたオプティマは母港に帰ってきた

20170222153930d61.jpg

北への航海で泥んこになったオプティマは
ちょっと男の子らしい顔になったように見える


今回の白川郷、飛騨高山、織部焼きの里を訪ねる旅
オプティマにとっても僕たち夫婦にとっても
これまでにない過酷な旅、
例えて言うと、
夏(南半球は冬)のホーン岬を小さなヨットで超えるくらい
タフだったように思う (ちょっと大袈裟だけどね)
でも、その分楽しくて思い出深かった事は確か

201702221539321f0.jpg


雪を見たい☃️

という単純な発想から計画された旅だったけど

雪はもうごちそうさま🙇‍♀️

状態で帰ってきた
あとは、春を待つだけだ

意外と 。。。。 白川郷は。。。😢

やっぱりネットで読んだ他人の食の情報なんて
まったくもって当てにならない事を深く深く
再確認させられた白川郷の食事

まったく素晴らしい!👏

の一言に尽きる、飛騨高山での郷土料理

その後飲みに行ったバーのマスターとの会話

絶対に語りたくない 高山ラーメンの実態

織部焼きの里を訪ねて、思わず買いまくった達成感

楽しいことがたくさんあった


海外に出張に行って成田空港に帰ってくる時
風の向きによっては富士山の近くを飛ぶことがある

日本に帰ってきたっ!
仕事お疲れ様!


富士山を見ながらホッとすることが多々あった


昨夜は新東名の浜松SAで車中泊

今朝早く目が覚めたので
そのまま東京を目指してオプティマを走らせていると

2017022215463222f.jpg

急いで後ろのベッドで寝ていたカミさんを起こす

わぁ〜!
すごい!!


起き抜けのテンションの高さは富士山よりも高い

カミさんの入魂のショット

20170222154634be2.jpg


焼き物が好きな我々夫婦にとって
特に織部、志野が好きな僕にとって織部焼きの里は
まさにワンダーランドだった



201702221539293e3.jpg


なぜこれを買ったのか。。。
長崎の場末のスナックで 長崎は今日も雨だった を
歌うことが夢である僕にとって (カラオケは歌わないが)
この器でラーメンを食うという事は
僕にとっての プリンシプル であるのです

なぜこれが織部の店にあったのか謎なのですが
店の人も分からなくて

200円でいいです

と言われ

ヤッタァ〜!!🍯👯‍♂️

と跳び上がるようにして買った


家に帰って早速ラーメンを作って食べた

20170222153930442.jpg


赤絵好きなカミさんは洒落た煮物鉢を購入

だけど、僕はこれにラーメンを入れたらどうかとお遊びで。。

20170222154323b14.jpg

ははは、民芸ラーメン

20170222153926708.jpg

面白いことに、お互いのラーメンを交換して食べ比べて見ると
僕のラーメンの方が中華そばの味がする

食器って不思議ですね

詳しいお話はまた明日

ではでは



  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます


201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

雪が降る地区に行くのに靴がない

あなた、雨の日に履く靴って無いんじゃない?

カミさんに聞かれたから

ビーサンがある

と答えた

車移動がほとんどの僕は
雨の日に履く靴を持つ必要がないから
防水の靴と言ったら、洗車の時に使う長靴しか持っていない

ビーサンでは冬が辛いでしょう
今日、靴を買っていらっしゃい


うっう。。。面倒だ
と思いながらアウトレットまで買いに行った

結局、これ

201702210639426af.jpg

半額くらいで買えた
こうして見るよりも履いた方がカッコ良い


20年も前、最初のレインジローバーを
北海道の札幌に住んでいる人から買った

20170221065101c87.jpg

せっかくだから北海道まで取りに行って
ついでにその辺を観光して、
毛ガニとホッケとラーメンを食って
東北道路をチンタラチンタラ走って帰ってこようかと
計画したが、よく考えて見ると
北海道の寒さに耐えうる服を持っていなかったのでやめた

こういう話はよくある

高校の頃、女の子からデートに誘われた
が、当日は雨
傘を持っていなかったので行かないで部屋の中で泣いていた

中国に行こうと、中国でビジネスを展開している友人に誘われた

中国では女性のヒップを触っただけでも
簡単に射殺されると聞いて、ビビってやめた
が、考えて見ると別にヒップには触るつもりはないんだよね

韓国では間違えて犬の肉を食わせる店に入ったことがあった
が、これは
中にいた日本語ができるおばさんに教えられ急いで店を出た
この話は関係ないか。。。


とにかく旅に出た僕たち夫婦

オプティマの冷凍の中はチューハイで溢れている
2017022106394136d.jpg

西友の83円のチューハイがお気に入りなので
行った先で西友を探すのは困難だから持って行くんです

それと1航海に1度は鍋をする
そのための野菜、朝食の目玉焼きの卵、家で漬けた胡瓜と茄子
家の味がそのまま移動している感じ


最初に泊まった所は東名の牧之原サービスエリア
ここにはカミさんを連れて来たいと思っていた定食屋がある
焼津から届くマグロが美味くて毎回寄るところ

高速道路のサービスエリアで夜を明かすと
高速料金が割引になるでしょ
それに、目的地に少しでも近づいておくと
スケジュールに余裕が生まれる

名店、おふくろ亭
201702210639106e6.jpg

牧之原サービスエリア下りにある
が、一番隅っこのトラック専用駐車場の方にあるから
一般の人はほとんど入ってこない穴場中の穴場

20170221063915cbc.jpg


ここのマグロは美味い
2017022106390978f.jpg
僕はマグロは赤身が好きなんですね

白身の魚で育った僕は
マグロ、しかも冷凍の。。
そんな魚か何かわからないような生き物の腹身を
有難がって食う習慣はない

それに、何だ! あの、マグロの解体ショー
あんな物を見て何が楽しいのか
だったら鹿の解体でも見た方が。。。これは気持ち悪い

こんな感じでずらりと並んだおかずを選んで食べられる
20170221063913b60.jpg

一番奥の右側が僕の定席
20170221063912d95.jpg

すぐ後ろにコンセントがあるので使わせてもらう

いつもひとりでパソコンを見ながら飯を食っていたのに
今はカミさんと笑いながら飯を食っているシアワセ。。


明日は岐阜の山奥を目指してオプティマを走らせる

さあ、目指せ雪の白川郷
目指せ思い出作り




  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

おじさんは。。。
もうじき出かけるクルージングの準備に余念がない

おじさんはいくつかの病気を患っている
悲しいことに、その全てが 不治の病 なのである😭

毎日酒を飲まなければ死ぬ病気
美味い物を食っていなければ死ぬ病気
時々、海水に触れなければ死ぬ病気
英国車に乗っていなければ死ぬ病気

そして、時々オプティマに乗ってどこかに行きたい病

その病気の治療のためカミさんと雪の白川郷をデートして
飛騨高山に行って朴葉味噌をアテにしこたま酒を飲んで
シメは高山ラーメンで至福の時を過ごすのが目的の
命のクルージングにおじさんは出かけようと思う

早い話が美味い物を食って、美味い酒を飲みたいだけだけど🤗


そうそう、
帰りに美濃焼を訪ねて志野や織部の普段使いの器を
ちょこっと買ってくるのも目的の述べ4日間のクルージング⛵️


新しい航海日誌
20170219053230251.jpg

オプティマとジャガーで立ち寄った、道の駅や
観光地のスタンプを集めるスタンプブックを用意した
シールは自作でちゅ


オプティマは屋根が上がるポップルーフというタイプの
キャンピングカーなんです

2017021905252557e.jpg

本当はもっとデカいキャンピングカーが欲しかったんだけど
うちのガレージは高さ制限があって入らない

普段は閉じている屋根を出発準備の時は
ガレージから出して屋根を上げて行うのです
でないと、腰をかがめたままの作業になって
舌切り雀に出てくるおじいさんの体型になってしまう

こうして屋根を上げるとまったくストレスなく暮らせる
201702190525283ee.jpg

屋根は前に向かって下がっている
20170219052526679.jpg
前は運転席だから頭上スペースはいらない


家の前の通りは人通りが少ない割には狭くないから
ちょっと失礼して家の前にオプティマを止めさせてもらい
水を補給したり、冷蔵庫に食料を入れたりする

2017021905323342c.jpg

eBayで見つけて買った新しいステッカー
ドイツから送って来た
20170219072922701.jpg
なんて書いてるのか分からんが、雰囲気 雰囲気



話は飛びますが、ヨーロッパの人々は
「服」に対しての捉え方、扱い方が我々日本人とは違う

それは服という物の歴史の長さによるものだと思う
日本人が洋服を着るようになったのは明治以降
せいぜい100年と少しの歴史しかない


1990年代、フランスのルノーは
シュペールサンク という車を作っていた

20170219053756dc8.jpg

サンクは本来、プラスチックだらけの内装の
チープシック(古い?)な小型車であった

20170219053754461.jpg

しかし、プラスチックだからと言って侮るなかれ
フランス人のセンスの良いところは
プラスチックをプラスチックとして使っているところ

一時期、バーや美容院に
コンクリートの打ち放しの壁の店が流行ったでしょう

あれと同じ発想で
素材の味、例えば、プラスチックなら
そのままプラスチックの素材感を表に出して作り上げる

どこかの国のように安っぽい木目風にして誤魔化したり
ましてや内装を場末のカラオケスナックのようにはしない

さすがモードの国 と言ったところ


そして、このサンクには

Baccara (バカラ)

という高級ガラス食器の名を冠した高級バージョンが存在した

2017021907384842e.jpg


日本人は 小型車 = 大衆車 = 安い車 と考えるが
ヨーロッパには小型だけど高級な
お金持ちの奥様が乗るための車が存在した

20170219073847131.jpg

ルノー社そのものがはっきりと

上流階級向け

と打ち出していたのだからすごい


僕はこの車が好きで、将来結婚したら妻となった女性には
是非この車に乗ってもらいたいと思っていた

かつて飲み屋のネエちゃんに
小型のベンツ(もちろん中古!)をプレゼントしたことはあるが
このバカラはプレゼントしたくない車
ベンツはプレゼント出来てもこれは出来ない
だって、本気なんだもの。。。。😍


夫(僕)はシルヴァーメタリックのベントレーで会社に行く
カミさんはシャンパンゴールドのバカラでお買い物に。。。
この車、今あれば、カミさんに絶対買ってやるのになぁ😫


軽に毛が生えたくらいの大きさなのに
シートはすべて上質な革で包まれ
足元にはフカフカの純毛のカーペットが敷かれていた

20170219053753614.jpg


それだけじゃない
なんと驚くことに バカラのリアシートの後ろには
コートや上着を入れるクローゼットが用意されていた

2017021905375701f.jpg



15世紀の大航海時代に始まり、
ヨーロッパにおける旅というと船旅のことだった
ルイヴィトンなどのヨーロッパの鞄メーカーはこぞって船旅用の
ワードローブトランクを作った

20170219053228dd4.jpg

時間と場面で服を替える文化を持つヨーロッパに於いて
ワードローブトランクは紳士淑女の必需品であった
その名残が現代の車にも残っている


実はね、我が家のオプティマにも
ワードローブケースが付いている

201702190525242bd.jpg

ドイツ製のオプティマは
アウトバーンを使った大陸の長い旅に出かける事を想定して
服を入れるワードローブケースが必要だと考えたのか

味も素っ気もないドイツの車にしては
奇跡的にマトモな事をやってくれた感じ👏


このオプティマのワードローブケース
普段は使わないでクローゼットの中にブラ下げてあるが
行った先の少し高級な店で食事をする時や
今回の旅のようにコートの着替えが必要な時は持って行く

20170219052523857.jpg


キッチンの後ろにあるのが邪魔そうだけど
目的地に着いてキッチンを使う時は
運転席の方へ移動して吊り下げる

オプティマはドイツのデヘラという
ヨットメーカーが作ったキャンピングカー
だから内装もヨットのようになっていてとてもお洒落
陸に上がったヨット乗りの僕が
よくぞこんなキャンピングカーに巡り会えたものだと思う


ジャガーの持つウエストミンスター寺院の静寂のような世界
小さなクルーザーに乗って揺られているようなオプティマの世界
そして秋の陽だまりに中であくびしているような
普段の安らいだ平和な世界

バックトゥーザ・フューチャーのドクとマーフィーのように
僕らは異次元の世界を行ったり来たりしている



  お帰りになる前に
 ....  ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます



2017020410014775e.jpg.........201702041001499a5.jpg.

まったく、世の中って嘘ばっかだな

そう思うことがある

我が家ではカップ麺を食べる事はほぼ無い
時々、オプティマの緊急食料として
安いカップ麺を買う事はあるが
それも食べないで放ったらかしにしてあることが多い

思い出した頃にそろそろ食べないとダメになっちゃうと
無理して食べてはみるものの
どうにも完食に至らないのです

初めのひとくちは

おっ、意外と食えるじゃん💖

と思うんだけど
食い続けているうちに。。ダメになって
ギブアップして残してしまう
どうもカップラーメンってのは口に合わない

それに
高い💢

人の勝手、余計なお世話、とは言え
あんな物に200円も300円も払う人の気が知れない
僕はこの先、どんなに金持ちになっても
2000万のアウディは買わ(え)ないように
カップラーメンは120円以上の物は買わないだろう


そんな中
安売りのスーパーに行ったらアルミ鍋に入った
きつねうどんやら天ぷらうどんが88円で売られていた

メーカーは違っていたけど
釣りに行った時食ったことがあって
意外と美味かったのでまた買った

その時、今まで買ったことのない大物
鍋焼きうどんを買ってみて
しばらく放ったらかしにしていたのを思い出して
カミさんが留守にしている時、食べてみた


どうよ!この豪華さを見よ!!👯
20170218102029d5f.jpg
さすがうどん界のロールスロイス、鍋焼きうどん様であらせられる

が、しかし
開けてみると
おいおい、えらい簡素じゃねえか😰
2017021810134617c.jpg

まさか卵まで入っているとは子供でも思わないでしょうから
いちおう卵を入れて煮た

卵が美味そうに固まりかけた頃を見計らってかやくを開けた



ネギしか入っとらん😱

いずれにせよ
20170218101344657.jpg
この思わせぶりなパッケージはなんなんだ!

しかし、このブログをアップしながら画像を見ると
ネギ入り と書いてある
わざわざ書くようなことでもない事を書くという事は
ネギしか入っとらん という事か。。。

話は変わるが
先日、久し振りにカミさんと居酒屋に行った
帰ってもう一杯飲むのに
アテにしようとちらし寿司を買って帰ることにして
駅前の持ち帰り寿司屋で720円のちらし寿司を買って帰った

20170218101348838.jpg
。。。。。。。

この黄色いエビは何エビじゃ💢
20170218101349666.jpg
腐りかけとるんじゃろうが🔥


僕は常日頃カニカマを下に見て軽蔑している
色付けも不自然だし、カニでもなくカマボコでもない
そんな中途半端な所が気に入らない
が、食うと美味いと思っちゃったりして。。。。

だから食わないわけではないが
こういう登場には無性に腹が立った
201702181013504f8.jpg

持ち帰り寿司屋を食ったのは初めてだったので
この720円という価格が適切なのかどうかはわからないが
ただ一つ、分かった事は

食い物として適切ではない😤

という事

持ち帰り寿司屋と言い、鍋焼きうどんと言い

まったく、世の中って嘘ばっかだな



  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます

201701130645046c5.jpg.........201701130642575ab.jpg
.

春は三段階でやって来るという
まず 陽光 で春を感じる 春光明媚
次に 匂い で春を感じる 春暖花香
そして九十春光となって春を確かなものにしてくれる

暖かくなると散歩がしたくなるのは犬でも猫でも同じ
僕たち夫婦も春に誘われるように屋根のない
英国製のスポーツカーで春の香りの中を散歩した


僕たちが住んでいる所は
昔は 武蔵野 と呼ばれた所で 江戸 ではない
現在では 多摩地区 と呼ばれ 東京 とは少し雰囲気が違い
何かしらゆったりとした風情を残した暮らしやすさがある
ニュースか何かで 東京の地方 と言われたけどね

その同じ東京の地方でも もっと筋金入りの地方があって
東京都西多摩郡瑞穂町 という
用事がなければまず行かないであろう場所がある
※ 渋谷や新宿は用事があっても行かない

昨日、その瑞穂町にある 巨大ホームセンターまで
僕は習字を書く上等な紙を、
カミさんはトールペイントの材料を買いに
猫の足跡がボンネットについたジャガーの埃を払って
お散歩ツーリングを楽しんだ

201702160849390a1.jpg


我が家の常で
いつも出かける時は出発時間を宣言するのだけど
実際の出発は予定時刻を必ず1時間オーバーする
そんな事でホームセンターに着く頃には
ちょうど昼メシ時になってしまった

で、行ったのは
町営の歴史資料館 耕心館 の敷地内にある
レストラン(喫茶店) ストーリア

20170216084935f70.jpg


こんな穴場が こんな所(失礼!)にあったんだと
期待以上の雰囲気の良さにすっかり気に入ってしまった

レストランがあるのは江戸末期の豪商の家を
化粧直ししたクラシックな建物

201702160849341a8.jpg


食事の前に 向かいの立派な社会教育施設の中にあるこちらを見学
20170216085412b62.jpg

瑞穂町の歴史やら
2017021608540855d.jpg

自然やらが
20170216085410de5.jpg

分かりやすく展示してある
もちろん無料

こちらは瑞穂町名産、瑞穂ダルマ だそう
20170216085410f07.jpg

元々タダ(無料)大好き夫婦なので
こういう施設があると嬉々として見学することにしている
が。。。。
しっかし、よくぞまあこんな立派なハコモノを建てたものだ
よほど予算が豊富な町なのでしょうね (皮肉ではござらん)


さてさて

レストラン ストーリアにご案内しましょう

201702160849363a7.jpg

おや?
靴を脱ぐのか?

と思った外観
だけど靴のまま上がれます

20170216084114adb.jpg

窓側に席を取って庭を眺めると
スズメやシジュウカラなどの可愛い鳥たちが
餌をついばむ姿が見える
20170216084109274.jpg

食事もできる喫茶店 と言った所で
器も町内で買ってきたようななんてことない器だし
カトラリーの入れ物は明らかに100円ショップの逸品。。。
このように随所にレストランとしての"卒"が見えるが
ここは東京都西多摩郡。。。なので許す

カミさんはとってもお気に入り
20170216085413711.jpg

僕はビーフシチュウ(1200円)
20170216084111461.jpg

カミさんはクリームシチュウ(1200円)
20170216084111331.jpg

デザートまで付いて来る
201702160841125a5.jpg

味は。。。というと
ここは東京都西多摩郡。。。。
いや、味云々よりも和める雰囲気は100点満点

食事の後、庭を散策すると
20170216084937c0f.jpg
ほら、春がいた!

晴れた暖かい日にジャガーの屋根を開けて
また、行きたい(買い物のついでに)レストランではある





  お帰りになる前に
 ..... ↓ ↓ ↓ ↓
..........
.........プチッ とお願いします.....
ブログランキングにご協力ありがとうございます